会社にナイショで副業するには

会社によっては就業規則で副業を禁止している場合があります。

 

「たかがスマホの副業アプリで?就業規則?」と驚くかも知れませんが、会社から見ると副業ばかり熱心で本業が疎かになっては困りますし、また業種によってはライバル会社に情報が漏れることを懸念している場合もあり、副業を禁止する規定を置いているのです。

 

いずれにして、就業規則に副業禁止規定があるかどうかは確認しておいた方が安心です。

 

会社員の場合だと給料以外の収入が年間20万円を超えると確定申告が必要になり、確定申告した金額によって住民税も変わるので会社に住民税の変更通知が届いて副業をしている事がバレてしまうケースがあります。

 

会社バレを避けるためには、確定申告をする際に「住民税を自分で納付する(普通徴収)」を選んでおけば会社に通知が届きません。

 

 

 

TOPへ